インドのコメディアン事情をほんのすこし紹介!Brodha Vから映画偏重の音楽シーンへのプロテスト

2018年03月13日

チェンナイが舞台の芥川賞小説「百年泥」!

こないだの芥川賞受賞作のひとつ、石井遊佳の「百年泥」。
現地在住の作家によるチェンナイが舞台の小説と聞いて以来、ずっと気になっていたんだけど、やっと読むことができたので、今日もまた音楽から離れてこの「百年泥」について書いてみます。

百年泥


読んでみた感想を一言で言うと「強烈にインド!」
これに尽きる。 

いろんなところで紹介されている通り、100年ぶりの大洪水による川の氾濫後のチェンナイが舞台の作品で、現在と過去、現実と超現実が入り混じる不思議な小説、と言ってしまえばそれまでなんだけど、なんだか意味がよくわからないし、それじゃあ大して読みたくもならないよね。
なので、アタクシなりに「インド眼」から読んでみた「百年泥」を紹介させていただきます。

この小説、確かに訳のわからない要素は多いんだけど、インドに接したときに日本人が驚き、拒否反応を示したり強く惹かれたりする、インド特有の「わけの分からなさ」を文学の形に昇華したもの、として捉えると、すごくすんなりと読める。

過剰にフレンドリーで、目ヂカラが強く、話好きで理屈っぽく、小ずるいところもあるかと思えばピュアでびっくりするほど優しいインド人。
知的で理性的で現実的かと思えば、ものすごく稚拙な言い訳もするし、異性に興味津々だけど奥手なインド人。
カーストや迷信といった因習に囚われ、そこからの自由を希求しつつも、でもコミュニティーや伝統や家族を大事にするインド人。
こういう要素が複雑にこんがらがっていて、またそのこんがらがり方が地域や階層や個人によって全く違ったりするインド人。

こんなふうに書いても掬いきれない、何と書いて良いかの見当もつかないような、インド人の思考と行動の根源にある、わけの分からない部分。
その「わけの分からなさ」は、歴史や伝統を理由に説明できるほどに単純ではなくて、考えれば考えるほど分からず、しまいに考えることがバカバカしくなったりもするのだけれども、そのわけの分からなさ自体は確かに気のせいでなく存在していて、そしてそれがインドの強烈な魅力だったりもする。

このわけの分からなさを表現しようとしたら、そのわけの分からなさを言語化して整然と説明するだけではだめだ。
あるいは、「わけが分からないですよね」と書いてしまってもだめで、説明してしまったらわけの分からなさはわけの分からなさではなくなってしまうし、「わけが分からない」の一言で済ませてしまっては、こう、なんというか独特のもやもやしたものが永遠に問いかけられ続けているような感じが断絶されてしまう。

このわけの分からなさを描くためには、作家自身も渾身の力でわけの分からないものを作り出し、それをえいやっとインドにぶち込む必要がある。

多少のネタバレになってしまうけれども、何の説明もなく、ストーリーの本筋に関係のなく出てくる、権力を持つものは翼を身につけて空を飛ぶことができるとか、大阪の招き猫とチェンナイのガネーシャ像が全て交換されているといった設定。
インドを表すために、よくこんなに絶妙の「わけの分からなさ」を思いついたなあ、と心から感心してしまいました。

このわけの分からない設定があることによって、インドはよりインドに、チェンナイはよりチェンナイに、そのリアリティーを増している。
そんなわけの分からないインドで否応なしに向き合わざるを得ない自己、文化や言語を超えて理解し合えたと思ったらやっぱり理解を超えていたりもするインド人との関係、でも自分もその社会の中で生きていかざるを得ないことの諦めと喜びのようなもの、そういう主観による部分が、はっきりとは書かれていないけど、確かに感じられるということもこの小説の魅力だ。

物語の終盤、登場人物の一人の意外な過去が明らかになり、物語は予想外に感動的な方向に進みそうになるが、単純に感動で塗りつぶすことを良しとしないのは文学も(現実の)インドも同じこと。
そして、洪水によって橋の上に堆積した「百年泥」の意味するところが示唆される。
自分や近しい人やそうでない人の過去、あるいは選ばれなかった選択。
こうした時間や人間の関係性の結果として自分がいて今の世界がある。
洪水で川底から打ち上げられた、異臭を放つ大量の泥。
そこから掘り出される、わけの分からない、あるはずのないものたち。
アタクシは、それこそが、インドを「わけの分からない国」たらしめている原因なのだと読みました。
そしてそれが、インドが強烈に「生きる」ということを実感させる国である理由でもある。

ついでに、アタクシとしては、そのチェンナイの大洪水が先日インタビューしたThird Sovereignのインドツアーが延期になった原因でもあるということに、薄いけれどもしかし不思議な縁を感じもしましたよ。

はい、…何を書いているかよく分からないですよね。
 力不足ですみません。
アタクシのような凡人がこういう作品について書くとこうなる。
とにかく石井遊佳さんのこの「百年泥」、インドを過剰に美化もせず、笑いものにもせず、思索ごっこにも陥らず、でも文学として描き切った素晴らしい小説!

インド云々を抜きにしても素晴らしい作品で、インドと言われても何のことやらという人は、別にどこでもない場所の話として読んだって構わない。
立派な賞を取るくらいの作品だから、もちろん普遍的な魅力がある。
小説を読みながら自分や誰かの過去にも思いを馳せてみるなんて、なかなか素敵な時間の過ごし方じゃありませんか。チャイか珈琲でも飲みながらなんて、いかがでございやしょうか。
ぜひ読んでみておくんなまし。

goshimasayama18 at 21:49│Comments(0)インド本 | インドよもやま話

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
インドのコメディアン事情をほんのすこし紹介!Brodha Vから映画偏重の音楽シーンへのプロテスト